会社ロゴ白抜き

Construction column

建設コラム

施工管理への転職理由3選|建設業界でおすすめの業種もご紹介します。

2023.12.07

施工管理で働くためには、さまざまなスキルや経験が求められます。

本記事では、施工管理への転職を成功させるための志望理由や重要なスキル、資格などをご紹介していきます。

また施工管理で働きたい人に、建設業界でおすすめの業種も一緒にお伝えしますので、最後まで読んでいってくださいね。

施工管理はどんな理由で人気なのか?

施工管理は、建設業界において一般的に人気が高い職種です。

業務の内容としては、現場の状況を踏まえて、施工工程や人の管理を行う仕事ですが、どういった理由から人気なのでしょうか。

人気の理由を解説していきます。

キャリアの幅広さ

施工管理は、いろいろなプロジェクトや工事でたくさんの経験を積むことができます。

たとえば住宅や大型商業施設、インフラ、エネルギー関連などいろいろな分野での活躍が期待でき、経験を重ねることで職の幅が広がり、自分の興味ある分野で働けるでしょう。

また多くの分野での経験を通して、施工管理者は成長や挑戦の機会を得られるため、キャリアアップもしやすくなります。

安定性

施工管理は、その安定性の高さからも人気です。

建設工事はなくなることがなく、社会インフラの整備など、大型のプロジェクトは年々増えています。

そのため建設工事の件数が増えるのに伴い、それに携わる施工管理者の需要も高まっているのです。

また上記で述べたように、キャリアを幅広く選べるところも、安定的に仕事を続けられる魅力だと言えます。

高収入が狙える

施工管理において、経験豊富で応用が効く人材であれば、年収アップを狙えます。

建設工事は大きい金額がやり取りされるため、大きいプロジェクトに従事している施工管理者の給与は、高くなる可能性が大いにあります。

また他の人にない専門性を身につけていると、自分にしかないサービスを提供できるため、周りと差別化でき、転職での給与アップも期待できるでしょう。

施工管理への転職は、転職理由が超重要

施工管理で働くために、転職理由はしっかりと答えられるようにしましょう。

というのも会社の人事は、転職活動において退職理由や志望理由を深掘りしてくることが多いからです。

なぜ理由を詳しく聞かれるかというと、自社の経営理念や風土が求職者の性格やスキルに合っているかをしっかり見て、長く勤めてもらえるかどうかを判断し、採用したいからです。

施工管理へのおすすめ転職理由3選

それでは施工管理に転職するための、企業面接でおすすめの転職理由を3つご紹介します。

1.専門性を高められる

施工管理は専門性を大きく高められる職種で、経験を積めば積むほど担当できる仕事も増え、業界で重宝される傾向にあります。

また土木施工管理技士や測量士などの、業務に活かせる資格も多くあり、プライベートで自己研鑽をすることも重要です。

2.社会貢献度が高く、やりがいを感じやすい

施工管理は、インフラの建設に携わることも多く、人々の生活を豊かにしたり安全性を高めることができる仕事です。

また災害で被害を被った地域での建設プロジェクトは、復旧や再興を目指しています。

他にも、施工管理にはたくさんの人が携わる大きいプロジェクトも多々あり、雇用を生み出すことが可能です。

3.建設工事の流れを理解でき、業界の事情を幅広く知れる

施工管理は、工事の進捗管理や安全管理を行います。

そのため建設の流れをしっかりと把握し、それぞれの工程でどのような業者が何をするかを気に留め、工程にかかる時間を知っておく必要があります。

よって施工管理を経験することは、建設業界の基礎から応用まで、業界の事情をしっかりと知れるため、この業界で活躍しようと考えている人にはもってこいの業種です。

施工管理への転職を成功させるために

施工管理へ転職を成功させるためには、どんなスキルや資格、心構えが求められているのでしょうか。

ここでは3つに絞って、転職の際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

施工管理に転職するときは、ぜひ参考にしてくださいね。

1.コミュニケーション力

施工管理は、工事の計画から完成まで、業者の都合を考えて、工期に間に合うように工程やスケジュールを調整する必要があります。

そのためプロジェクトメンバーや建設業者、クライアントなど、多方面に対するコミュニケーションが求められます。

また図面を用いた会話や、専門知識を活かした説明なども求められるため、建設に対する深い専門性を、うまく言葉にする言語化能力もあるとなお良いでしょう。

2.安全管理への理解

施工管理においては、安全に工事を終えること以上に重要なことはありません。

建設現場ではあらゆるリスクが高く、労働者が安全に働ける環境のチェックが最優先されます。

施工管理者の安全管理への理解が足らないと、労働者が事故や怪我のリスクを背負いながら働かなければならず、労働効率も低くなってしまいます。

そのため施工管理者は、安全管理に対して深い理解が必要で、安全基準の策定や実施、定期的なトレーニングが求められます。

安全管理に意識を向けることは、業務や人の命に責任を持つことだと言えるでしょう。

3.専門知識や資格

施工管理で活躍するには、専門的な技術はもちろん、資格なども有効です。

たとえば施工管理技士を取得すると、主任技術者や監理技術者といった建設工事には必要なポジションにつくことができたり、工事の入札に有利になったりするため、企業も取得を勧めているケースは多々あります。

未経験で施工管理に就きたい場合は、業界研究も兼ねてなおさら資格取得の勉強をすると良いでしょう。

施工管理技士については、1級と2級というように「級」があるので、2級から少しずつステップアップできます。

施工管理技士について詳しく解説した記事はこちら↓

施工管理技士とは?建設業界で求められる資格と業務内容を解説!

建設業界の業種にはどんなものがあるのか

ここまで記してきたように、施工管理は、建設業界において需要が高く人気である業種です。

その他、建設業界には以下のような業種があります。

建築設計

建築設計は、建物や構造物のデザインや製図を行う業務で、建築事務所や設計事務所で業務を行います。

建築設計は、デザイン力が求められることもあり、芸術的な分野に自信があるひとにはおすすめの業種です。

また将来的に設計事務所を立ち上げて、独立することも可能です。

人間関係で不満を感じるような人は、独立もキャリアアップ方法の一つなので、検討すると良いかもしれません。

土木工学

土木工学は、道路やダム、トンネルなどの公共インフラの設計や建設に従事する業務です。

また土地の利用計画や環境保護も踏まえ、地盤調査や設計図の作成、材料の選定、施工プロセスの監視を行い、プロジェクトが予算内で効果的に進行するようにします。

リモデリング・リノベーション

リモデリング・リノベーションは、既存の建物を改装し、新しいデザインや機能を組み込む業務です。

クライアントとの打ち合わせの上、要件把握を通じて建物の調査を行います。

その後、設計から施工と作業を進めていきますが、施工に関しては解体作業から始まり、新しい設備の取り付けや内外装の作業を行います。

さまざまな工程の中にメインである改装も含まれており、あらゆるスキルが求められ、たくさんの経験を積める業種です。

施工管理に転職するなら発注者支援業務がおすすめ

発注者のサポートを通してプロジェクトを完遂させることが発注者支援業務で、施工管理の転職にはおすすめです。

というのも発注者支援業務の魅力はたくさんあり、キャリアを豊かにできるからです。

発注者支援業務は、プロジェクトの初期段階から参画し、予算やスケジュールを決め、リスクの評価を通してプロジェクトの方針を決めます。

この業務から、戦略的なプランニングやアドバイザリーの力を養えます。

このように発注者支援業務は専門性が高い業種で、キャリアのことをしっかりと考えるなら、おすすめの仕事です。

また基本的に残業は少なく休日は多いため、「仕事とプライベートをしっかりと別にしたい」といった、自分の希望するワークライフバランスを実現できるでしょう。

仕事を探すのに悩みがあるなら、エージェントへの相談も検討すると良いでしょう。

ぜひ働く条件の設定をして、発注者支援業務の求人へ応募してみてください。

発注者支援業務について詳しく解説した記事はこちら↓

発注者支援業務とは?仕事内容と必要な資格やスキルまで詳しく解説します

TOPへ戻るボタン
Banner Image